ダメージヘアを作らないドライアーのあて方

女性は特にドライアーを使用する頻度が多く、髪の量や長さもあって、髪の毛にダメージを作りやすいものです。ドライアーの当て方にも適切な方法と不適切な方法がありますので、どうすれば髪の毛に負担が少なくなるのか、とい意味で適切な方法をご紹介しましょう。

エメリルオイルの効果を検証!

ドライアーと髪の毛の感覚には注意する

ドライアーを髪に近い距離感で当てている方もいますが、髪の毛とドライアーとの距離感は適度にあけておくことが望ましいのです。距離が空くと、熱が伝わりにくく感じますが、大丈夫。極端に距離感がある方がダメージを起こしやすいのです。最近のドライアーには様々な機能性がついていますので、付加価値のあるドライアーを選ぶようにすることも髪の毛を傷めないコツとしてはおすすめすることができます。

濡れた髪の毛の水分はよく拭き取ってからドライアーを当てましょう

当たり前すぎる注意事項ですが、髪の先から水滴がポタポタと滴り落ちているというのに、そのままドライアーを使用する方がいます。それは髪の毛が乾くまで時間を要していきますし、時間や電気代も大きくなってしまいます。いち早く乾かすためにも、一度吸水性の高いタオルで髪の毛の水分を拭き取りしたのちにドライアーをかけるようにしましょう。

翌朝の髪の仕上がり状態に差が出る程、肝心要のポイントとなりますので、ぜひおすすめします。

私の髪の毛は、いつも毛先が整わなくて嫌です。

私はいつも、髪の毛が毛先が整わなくてつらいです。特に最近は乾燥をしているのでそれがものすごくて、ものすごく嫌な気持ちをして毎日過ごしています。なんとなく気持ちが落ち着きませんし、気持ち的に余裕がないのでますます老けて見えるような気がしています。私は結構人に言われたことを気にしたり、人よりもきづつきやすいなと思うことが多いです。

http://honportal.org/

それもあってかものすごく体調が悪いときは、やっぱり髪の毛がしっかりとできていなくてものすごく辛いです。このまま私はどうなってしまうのかということも感じますが、やっぱりまずは自分の体調を整えていかなければもともとの原因は治らないかなと思っています。そして、私はなんとなく何をすればいいかというのが分かるような気がするので、そういったことを少しずつ少しずつ解決していけたらいいなと思っています。

まだ気持ちの余裕もありませんし、毛先がすごく傷んでいるのも仕方がないかなとは感じています。それでも前を向いて何とか頑張っているので少しずつ少しずつやっていけたらいいのになということは感じています。私は、これから先もなんとなく過ごすのではなくて、毎日生きがいを持って過ごせればきっといいことが起こってくるかなと思っています。

髪の悩みと解決した方法

 私は、髪を伸ばすようになってから二つの事にたびたび悩まされてきました。まず一つめは、髪の毛が絡まる事です。毎日丹念にブラッシングをしていても、髪を結わえる時に髪が絡まり、結局身支度に時間がかかってしまっていました。そのうえ、絡まった髪の毛を無理やり解こうとして髪の毛が抜けてしまう事もありました。

http://www.gazette-tourisme.com/

そして、二つめは髪の毛がまとまりにくい事です。私は髪の量も多いため、髪を結った時に大きく広がってしまう事もありました。髪がぼさぼさのため、職場で「だらしないよ」と注意を受けてしまう事にも繋がってしまいました。

 そこで、私はトリートメントを使うようになりました。二十歳を過ぎて初めてトリートメントを買う事にしたため、種類が豊富なこともあり、始めはどのメーカーの物を使うか迷いました。しかし、店員さんに勧められた物を試しに使ってみた結果、今まで一人で悩んでいた事が嘘のように解決したのです。髪の毛が絡まる事もなくなった上に、髪を結った時に髪が綺麗にまとまるようになったため、会社で身だしなみについて注意される事も無くなりました。トリートメントを実際に使うまではどこか半信半疑だったのですが、思いきって買ってみて良かったとさえ感じています。

髪の悩みは一生つきまとう

髪の悩みは女性にとって一生つきまとう難題ではないかと感じています。

http://www.revolutiondining.com/

私自身、何を隠そう髪のうねりをなんとか封じ込めさらさらヘアを目指しストレートパーマや縮毛矯正を行うことこの道30年の40代女性です。私自身の経験では、初めてストレートパーマをあてたのは15歳くらいでした。

当時はストレートパーマの薬を髪に付けた後、何枚もの板に髪の毛を分けて貼り付ける今では考えられない手法で行われていました。薬もきつかったのかトリートメントの質が悪かったのか髪の毛は枝毛だらけでした。今の技術ではストレートパーマをあててさらさらヘアが手に入ったり、あまり髪を傷めずパーマをあてれるのでその後の手入れが楽になるというメリットもあります。

ただ技術が進化した今でも問題なのはコストがかかることです。

癖の程度は人によって変わるので頻度もまちまちなのはもちろんですが、私の周りの友人などでも平均4か月から半年に一度はストレートパーマをあてに行く人が多いです。

サロンのレベルにもよりますが、中々の出費になります。

出費以外の問題はというと、ストレートを継続しているとその他のメニューが追加しにくいことです。

綺麗なカラーリングをしている人を見ると、私もあんな色にイメージチェンジしてみたいなあと思うことがありますが、ストレートパーマにカラーを施すと料金の加算はもちろん、施術k時間が長時間に及び、髪が痛むという欠点もでてきます。

それが理由で他のメニューを諦めている人もたくさんいることでしょう。

最近では髪のうねりだけでなく、白髪問題がでてきました。

髪の悩みは一生つきまとう!!を実感しています。

髪の悩みは尽きない!

私の髪質は細い、多い、癖毛なのですが、毎日この髪と戦う日々です。
http://river-lab.org/

細いからか、遺伝なのかはわかりませんが、もともと髪の色が茶色く、学生時代は何度も先生に怒られたりクラスメイトにヤンキーなどと言われ続けてきました。大人になった今はこの色が羨ましいと言ってくれる人もいますが、私にとっては真っ黒な髪の方が憧れです。

一番大嫌いなのがくせです!うねりというよりは、まさに縮毛。湿気が多い夏は焼けちゃったの!?という位チリチリになります。朝は毎日ストレートアイロンで伸ばすので、時間がめちゃくちゃかかります。手入れが嫌になって、縮毛矯正をかけたことも何度もありますが、量が多いのに細い私の髪では見事にぺっちゃんこになり、なんだか寂しい印象に。結局アイロンでふんわり見えるようにセットする羽目になります。

ゆるふわパーマを夢みてパーマをかけても、クセと混ざりあって爆発したみたいになり、綺麗にスタイリングするのにとても苦労します。

気分を変えたくてカラーをするのにも悩みは尽きません。美容師さんには「何色でも綺麗に入りそうで羨ましいです〜」なんて言われますが、折角気に入ったカラーが速攻で落ち、おまけに酷く傷むのでカラーを繰り返すのはかなり難しいです。

こんな感じで、常に髪の悩みは尽きません。

髪がどんどんパサパサになってきた

40歳目前にして、髪がどんどんパサパサになってきました。髪のせいで少し老けて見えるような気もします。20代の時はカラーリング、パーマを定期的に当てていても髪はつやつやしていたので髪に自信をもっていました。白髪もほとんどなく、よく周りからもきれいだと言われていました。

高齢出産後、育児に追われ、日々体力、気力を子供に費やし、奪われ、時々ゆっくり鏡を見ると、びっくりするくらい髪はとっちらかっています。ほかのお母さんがきれいなので、いつも気後れしてしまいます。毎日のケアとして、シャンプーにコンディショナーと育毛剤はかかさずしています。

が、自分の時間があまり取れないので、丁寧にはできていません。髪の長さは私にとっては短めのミデイアムにして、パーマやカラーリングなどの髪を痛めることは一切していません。しかし抜け毛は多く、白髪がポロポロ見られ、髪はパサつき、残念なことになっています。一時期サプリメントを試しましたが、体に合わずにやめました。

若いときのような髪に戻るまではいかなくてもいいので、健康的な艶を戻したいと思っています。あとは抜け毛をもう少し減らしたいと思っています。美容室にかけられる費用も以前よりは節約しなくてはならないので、家でケアができるといいなと思います。

30代後半の髪のパサつきと分け目事情

私の髪の悩みと言えば、ズバリ髪のパサつきと分け目の問題です。

先ず髪のパサつきですが、何を試してみても改善されません。毛先をカットすれば一時的に納まりをみせるのですが、3日くらいで気になり始め、あっという間にパサつきが目立ちます。美容室や口コミサイト等で紹介しているオイルを使ってみても、使用直後は潤っているのに時間とともにパサつきます。

やっぱりカラーがいけないのでしょうかね?

パサつきで一番嫌なのがずぼらな人に見られることです。私の考えすぎかもしれませんが、お手入れをしていないイメージがあり印象も良くない気がします。

髪の毛の印象って大事ですよね!髪の毛の量が多くて艶々している人は本当に憧れます。昔から美人の条件に髪の毛が入る理由がわかります。

次に髪の分け目問題です。

私は数十年ずっとセンター分けだったのですが、ある時写真に写っている自分の髪の分け目の広がり具合に度肝を抜かれました。これって禿てない!と焦るレベルです。

それからは分け目を変えたり工夫をしてはいるのですが、一度広がった分け目を治す方法がわかりません。このままでは歳を取ったらウイッグ確定ですよ。

お風呂上りに頭皮をマッサージしたり、お薦めのオイルを塗布したりしているんですが効果はさっぱりです。良い改善方法があったら教えてほしいです!

髪がサラサラとしたい場合などに

少しでも髪を美しくしたいと考える女性が多いというのは間違いないことになります。ではどのようにそれを実現するべきであるのかと言いますとさすがにそれは難しい問題は多いです。しかし、髪には自分の回復力というものがしっかりとありますから、それを強めるということを意識しておくと意外と簡単に美しい髪というのを作ることができるようになったりします。

ちなみに細くサラサラとした髪の毛というのは実に美しく感じるかもしれませんが実際問として、それはあまり髪の良い状況というわけではないので間違えないようにしましょう。

太い髪の毛というのがあなんだかんだで一番頑丈であり、頑強で美しいことになります。それを目指すためにはやはり髪を清潔に整えておく、ということになります。清潔にしておくということは色々な意味において、物凄くメリットがあります。

頭皮を綺麗にするということによって髪が力強くなる、ということは間違いないわけです。髪の毛の栄養をしっかりと補充するためにサプリメントなどを摂取するということもよいでしょう。清潔にした上で栄養もばっちりであれば問題なく、髪の毛というのはしっかりとした潤いを維持できることになるでしょう。

日頃からできる髪のケア

抜け毛が気になる、髪に以前よりもコシがない、30代半ばになるとそうしたお悩みが増えてくると思います。髪をとかしたりお風呂で髪を洗うと自分でも驚くほど抜け毛があり、1日でこんなに抜けてしまってこれから先ハゲるんじゃないかと思ってしまいます。

歳を重ねるほど後頭部の薄い人は増えますから、何か対策をしないと自分もそうなってしまうと危機感を感じます。おじいさんおばあさんになってからなら、仕方ないと思えますが若いうちから後退してしまうとなんとかしなければと焦りを感じます。

そこで、食べ物から気をつけようと髪に良いといわれるひじきや昆布を積極的にとったり、髪が痛まないように気をつけるようになりました。海藻類は外食やファーストフードではなかなか食べられない物なので意識してとるようになり、髪のケアにも気を配り始めました。ケアとしては、お風呂上がりに髪を乾かさずに寝ると摩擦で髪が痛むので良く乾かしてから寝ることが大切です。

また、洗いっぱなしではなくトリートメントをつけて髪を保護すること、ドライヤーの前には洗い流さないトリートメントやオイルをつけてドライヤーの熱から髪を守るといった心がけも大切です。小さなことですが、やるやらないでは大きな違いが出てきますので、健やかな髪を保ち抜け毛を防ぐためにしっかり対策していきたいものです。