健康診断で肝機能が・・・

私は現在27歳。高校時代はバレーボールをやっており、大学進学後もバレーボールを続けていました。グラマラスパッツの効果

そして就職してから早5年、実はその間に体重が大変なことになってしまいました。なんと5年で15キロほど体重が増加してしまったのです。一応就職してからも筋力トレーニングは定期的にしておりましたが、それでも体重は増え続けました。

両親は太っているため、遺伝の関係で加齢に伴って必然的に増えていくものではあると思っていましたが、このままではまずいと思ったきっかけは健康診断での出来事でした。これまで多少なりとも肥満傾向程度の判定は出ていたので特には気にもとめていなかったのですが、ついに血液検査で肝機能でひっかかってしまい、病院での再検査を勧められました。病院での再検査の結果、やはりそうかと思っていましたが脂肪肝であると言われました。

正直運動を怠っているわけではなかったのでショックでした。医者からは無酸素運動もいいけどやはり有酸素運動が一番いいと言われ、学生時代からあまり好きではなかったランニングを始めることにしました。現在週に2?3回ほど5キロ程度のランニングを3ヶ月ほど継続させています。結果はすぐには出ないものですが、楽しくやれてます。

中高年のダイエットは難しいです。

60才を越え、長年のサラリーマンの営業活動などから来る酒、ストレスによる過食、運動不足がたたってメタボの領域まで来ました。血圧は150を超え、血糖値は120を超え、LDLコレステロールは170を超えていました。体重もベストから10㎏以上、オーバーシュートしていました。

グラマラスタイルの通販最安値は?私の口コミや使用した効果などを完全レポート!

そこで生活習慣を変えるべく、朝食はヨーグルト、バナナ、パン1枚のみにし、昼食はパン一枚か、日本蕎麦などで極力、糖質制限し、夕食も白飯1杯にし、とんかつや唐揚げのような脂っこい物が好きなので、量を減らし豆腐、納豆などの植物性蛋白を取り、肉は鳥肉中心にしました。
長年のサラリーマン生活で外食が多く、野菜不足でしたので、レタスなどの調理しやすい葉物の野菜を毎日食べるようになりました。

間食も甘い物が好きなので、こんにゃくゼリー、グラノーラなど可能な限り低糖質な物に切り替えました。口寂しい場合には、糖を含まないキシリトールのガムを噛みます。

飲物も、習慣的にコーヒーがすきなので、砂糖は使わずシューガ―カットなどの人工甘味料に切り替えました。
又、運動不足だったので、毎日30分くらいのウオーキングも心掛けています。

その成果も5年位経過して漸く血圧、血糖値、血中コレステロール、体重も有意な低下が見られました。
一番、つらいのは食欲を満たしたいという欲望との闘いですが、極力、糖質代替品で胃袋を満たすようにしました。

ダイエットは生活そのものだ!

私は数々のダイエットに挑戦しては飽き、挑戦しては飽き、の繰り返しでした。http://www.nonstoptocairo.com/

そんな私がたどり着いた結論、、、ダイエットは特別なものではないということ。

この期間がんばればいいというものではなくて、日々の生活で無理せずに行えるものでなければ意味がないということ。

○○だけを食べて痩せるダイエット…一生食べられますか?私はむりでした。速攻飽きます。

無理をすることはなかったんです。

生活の習慣をよくすればいいだけのことでした。

私はなぜかダイエットしたいのに、○○を食べるダイエットという食べる系ダイエットにばかり目がいきがちでした。結局食べることばっかり考えていたんです。

なので、私がしたことは、

・飲み物を水かお茶に

・食べる以外の趣味を見つける(私の場合は英会話でした)

・白米の代わりにもち麦ごはん

・気が向いたら筋トレ

・体重を毎日計る

・ダイエットのご褒美は食べ物以外(ヘッドスパやネイルなど)

これを地味~にずーっと続けています。

結局期間を決めたダイエットはその後にリバウンドする事が多かったので上記を一生続けるつもりでゆるーくダイエットしています。

こんなゆるいダイエットでも徐々に体重は減ってきています。

(体重グラフもつけると更に気分が上がります)

結局の所、ダイエットは生活の見直しなんだなぁ…と痛感しています。

時の流れは万人に等しく残酷でこういう時だけ世の中は平等である

私は生まれつき太らない体質だった。それどころか健康診断の度に平均体重の最低線ギリギリの数値で真面目なお医者さんに小言を聞かされてきたくらいだ。グラマラスパッツ

健康にだけはちょっと気を付けていたけど、気楽に食べたいものを食べたいだけ食べてきた。え? 自慢かって? まあ、2.3年くらい前までは。異変に気付いたのは結構最近だった。ちょっと前に理想的な標準体重を手に入れたとおもったら、20代の頃からサイズが変わらないスカートのウェストがキツイ。怪訝に思って鏡の前に立ってみたら、鎖骨が見える。手首をいじってみると骨の形がはっきり分かる。太っているのは「腹だけ」だった。

私は大いに困惑した。だって、考えてみてほしい。体全体が丸っこい、いつもニコニコしている若い子は可愛いけど、腹だけポッコリした中年女性など妖怪のようではないか。

あ、いや、さすがにこれは多くの中高年の女性の方々に失礼かもしれない。ともかく、私は半世紀近くを生きてきて、ある日突然、「腹だけダイエット」という高難易度の減量、いや、スタイルづくりをしなくてはならなくなってしまった。しかし、私は超運動嫌いで、運動神経ゼロ。スタイルづくりの経験ゼロ。誰だって、何だって、年取ってから新しいことを始めるのは容易じゃない。

何せ、今まで子供を産んだ後でさえ特別にことをしなくても元の体重に戻るくらい恵まれていたのだ。食事制限なんて健康に悪いだけでお腹はひっこまないだろうし、水中ウォーキングとかおすすめって聞いたけど、皆さんご存じのコロナ災害。

それに元より何かのスクールに通えるほど時間の余裕もないし。考えた挙句、私の救世主になってくれたのは自宅ヨガだった。難易度も時間も自分で選べる。運動音痴でも大丈夫。コースが豊富で、「お腹痩せ」というそのまんまな題目がみつかった。どれくらい効果があるかは、まだまだこれからだけど、大事なことは続けることだと思う。

すぐ効果が出るダイエットは逆に怪しいと思うから。この先、半世紀の長いお付き合いだと思えばいい。真面目な話、ダイエットで一番やってはいけないのは、健康を害するやり方だと思う。皆さんが、自分の健康、趣味、生活スタイル、そして懐事情に合った最適のダイエット法をみつけられますように!

ダイエットとして鍛えること

リバウンドしないダイエットというのは筋肉をつけることです。筋肉をつけることによって基礎代謝を高めていくということができるようになりますから、これはとてもメリットがあるといえるでしょう。そして筋肉をつけることによって体の引き締め感というのが十分に出てくるようになります。http://lagrancarreradelmediterraneo.com/

つまりは、ガリガリになるというわけではなく、要するにスタイルの良いというものを目指すことができるようになります。

リバウンドしないというのは要するにまた増えるようなことはない、ということになるわけですが、基礎代謝が高まるということは生きているだけでより多くのカロリーを消費する、ということになりますから、それがまずはメリットとしてあります。ですから鍛えるべきではあるのですが、どこがよいのか、ということがあるでしようが、まずは下半身です。

下半身を強くしますと全体的にそもそも動くということに関して苦ではなくなります。ですから、ダイエットにはスクワットをするというのは結構お勧めできます。後は走ることによって足を鍛えることができるでしょう。走る、歩くことはそのまま有酸素運動としてのカロリー消費も期待することができますから、それもよいでしょう。

試してみたいダイエット

私が試してみたいダイエット方はいろいろあります。まずは炭水化物抜きです。食事をお肉とかお野菜だけにして、とことん炭水化物の摂取を減らしてみたいです。でも体にとってあまりよくないのかな。と思ったりもします。自分の経験としては夜少なく食べる方法で少し減量に成功したことがあります。

シボルの効果

少量なので、体に負担もかからず、体調がとてもいいです。食事の量も大切ですがあとは運動も大事です。よく歩くと筋肉がついて体が締まってくるようなかんじがして、気分もいいです。あと私が考えているのは、やはり何を食べるかで、体型も全然違ってくると思います。

たんぱく質など体に必要なものは積極的にとって、砂糖など体にとってよくないのは控えていきたいです。あと、女性にとっていい食べ物や運動方法もあると私は信じています。大豆イソフラボンやコラーゲンなど女性にとっていい成分は積極的にとっていきたいです。結果的に、きれいにやせられると思うからです。

最後に運動する時間帯に気をつけていきたいです。体があまり目覚めていない早朝や夜遅くなどの運動は体にとって負担になるらしいです。食べ物の量と内容と、運動で、気長に楽しく毎日ダイエットを続けていきたいです。