中高年のダイエットは難しいです。

60才を越え、長年のサラリーマンの営業活動などから来る酒、ストレスによる過食、運動不足がたたってメタボの領域まで来ました。血圧は150を超え、血糖値は120を超え、LDLコレステロールは170を超えていました。体重もベストから10㎏以上、オーバーシュートしていました。

グラマラスタイルの通販最安値は?私の口コミや使用した効果などを完全レポート!

そこで生活習慣を変えるべく、朝食はヨーグルト、バナナ、パン1枚のみにし、昼食はパン一枚か、日本蕎麦などで極力、糖質制限し、夕食も白飯1杯にし、とんかつや唐揚げのような脂っこい物が好きなので、量を減らし豆腐、納豆などの植物性蛋白を取り、肉は鳥肉中心にしました。
長年のサラリーマン生活で外食が多く、野菜不足でしたので、レタスなどの調理しやすい葉物の野菜を毎日食べるようになりました。

間食も甘い物が好きなので、こんにゃくゼリー、グラノーラなど可能な限り低糖質な物に切り替えました。口寂しい場合には、糖を含まないキシリトールのガムを噛みます。

飲物も、習慣的にコーヒーがすきなので、砂糖は使わずシューガ―カットなどの人工甘味料に切り替えました。
又、運動不足だったので、毎日30分くらいのウオーキングも心掛けています。

その成果も5年位経過して漸く血圧、血糖値、血中コレステロール、体重も有意な低下が見られました。
一番、つらいのは食欲を満たしたいという欲望との闘いですが、極力、糖質代替品で胃袋を満たすようにしました。

髪の悩みは一生つきまとう

髪の悩みは女性にとって一生つきまとう難題ではないかと感じています。

http://www.revolutiondining.com/

私自身、何を隠そう髪のうねりをなんとか封じ込めさらさらヘアを目指しストレートパーマや縮毛矯正を行うことこの道30年の40代女性です。私自身の経験では、初めてストレートパーマをあてたのは15歳くらいでした。

当時はストレートパーマの薬を髪に付けた後、何枚もの板に髪の毛を分けて貼り付ける今では考えられない手法で行われていました。薬もきつかったのかトリートメントの質が悪かったのか髪の毛は枝毛だらけでした。今の技術ではストレートパーマをあててさらさらヘアが手に入ったり、あまり髪を傷めずパーマをあてれるのでその後の手入れが楽になるというメリットもあります。

ただ技術が進化した今でも問題なのはコストがかかることです。

癖の程度は人によって変わるので頻度もまちまちなのはもちろんですが、私の周りの友人などでも平均4か月から半年に一度はストレートパーマをあてに行く人が多いです。

サロンのレベルにもよりますが、中々の出費になります。

出費以外の問題はというと、ストレートを継続しているとその他のメニューが追加しにくいことです。

綺麗なカラーリングをしている人を見ると、私もあんな色にイメージチェンジしてみたいなあと思うことがありますが、ストレートパーマにカラーを施すと料金の加算はもちろん、施術k時間が長時間に及び、髪が痛むという欠点もでてきます。

それが理由で他のメニューを諦めている人もたくさんいることでしょう。

最近では髪のうねりだけでなく、白髪問題がでてきました。

髪の悩みは一生つきまとう!!を実感しています。

新しい生活様式を意識する時代に!マスクが肌に及ぼす影響とは

2020年から始まった新型コロナウイルス感染症の脅威はとどまることを知りません。日本のみならず、世界中の至るところに蔓延しています。いわゆる、密を回避することとともに、マスクを使うことが推奨されています。理由は他でもなく、飛沫による感染を予防するためです。

日本人の真面目な人柄もあり、今となっては至るところでマスクを着用するようになってきました。http://siyour.com/

しかしながら、皮肉にもそのマスクが肌トラブルの原因になってしまうケースも少なくありません。もちろん、個人差がありますので、一概にいうことはできませんが多くの人の悩みの種になっているといえるでしょう。

真冬の頃の寒さであれば、マスク自体が保温の役目を果たしてくれるため、問題視されるケースは少ないですが、春先を迎えたあたりからマスク着用によるムレや汗が発生してきます。これによって、マスクと肌の接触部分に何らかのトラブルが生じるようになります。「汗は問題ないのでは?」と思う人もいるかもしれません。

でも、実際には汗に含まれる成分によって、マスクに覆われた部位に肌荒れが発生してしまうのです。また、マスクのつけはずしの際や言葉を発する時のマスクと肌の摩擦により、肌が擦れてしまうこともあります。

ダイエットは生活そのものだ!

私は数々のダイエットに挑戦しては飽き、挑戦しては飽き、の繰り返しでした。http://www.nonstoptocairo.com/

そんな私がたどり着いた結論、、、ダイエットは特別なものではないということ。

この期間がんばればいいというものではなくて、日々の生活で無理せずに行えるものでなければ意味がないということ。

○○だけを食べて痩せるダイエット…一生食べられますか?私はむりでした。速攻飽きます。

無理をすることはなかったんです。

生活の習慣をよくすればいいだけのことでした。

私はなぜかダイエットしたいのに、○○を食べるダイエットという食べる系ダイエットにばかり目がいきがちでした。結局食べることばっかり考えていたんです。

なので、私がしたことは、

・飲み物を水かお茶に

・食べる以外の趣味を見つける(私の場合は英会話でした)

・白米の代わりにもち麦ごはん

・気が向いたら筋トレ

・体重を毎日計る

・ダイエットのご褒美は食べ物以外(ヘッドスパやネイルなど)

これを地味~にずーっと続けています。

結局期間を決めたダイエットはその後にリバウンドする事が多かったので上記を一生続けるつもりでゆるーくダイエットしています。

こんなゆるいダイエットでも徐々に体重は減ってきています。

(体重グラフもつけると更に気分が上がります)

結局の所、ダイエットは生活の見直しなんだなぁ…と痛感しています。

時の流れは万人に等しく残酷でこういう時だけ世の中は平等である

私は生まれつき太らない体質だった。それどころか健康診断の度に平均体重の最低線ギリギリの数値で真面目なお医者さんに小言を聞かされてきたくらいだ。グラマラスパッツ

健康にだけはちょっと気を付けていたけど、気楽に食べたいものを食べたいだけ食べてきた。え? 自慢かって? まあ、2.3年くらい前までは。異変に気付いたのは結構最近だった。ちょっと前に理想的な標準体重を手に入れたとおもったら、20代の頃からサイズが変わらないスカートのウェストがキツイ。怪訝に思って鏡の前に立ってみたら、鎖骨が見える。手首をいじってみると骨の形がはっきり分かる。太っているのは「腹だけ」だった。

私は大いに困惑した。だって、考えてみてほしい。体全体が丸っこい、いつもニコニコしている若い子は可愛いけど、腹だけポッコリした中年女性など妖怪のようではないか。

あ、いや、さすがにこれは多くの中高年の女性の方々に失礼かもしれない。ともかく、私は半世紀近くを生きてきて、ある日突然、「腹だけダイエット」という高難易度の減量、いや、スタイルづくりをしなくてはならなくなってしまった。しかし、私は超運動嫌いで、運動神経ゼロ。スタイルづくりの経験ゼロ。誰だって、何だって、年取ってから新しいことを始めるのは容易じゃない。

何せ、今まで子供を産んだ後でさえ特別にことをしなくても元の体重に戻るくらい恵まれていたのだ。食事制限なんて健康に悪いだけでお腹はひっこまないだろうし、水中ウォーキングとかおすすめって聞いたけど、皆さんご存じのコロナ災害。

それに元より何かのスクールに通えるほど時間の余裕もないし。考えた挙句、私の救世主になってくれたのは自宅ヨガだった。難易度も時間も自分で選べる。運動音痴でも大丈夫。コースが豊富で、「お腹痩せ」というそのまんまな題目がみつかった。どれくらい効果があるかは、まだまだこれからだけど、大事なことは続けることだと思う。

すぐ効果が出るダイエットは逆に怪しいと思うから。この先、半世紀の長いお付き合いだと思えばいい。真面目な話、ダイエットで一番やってはいけないのは、健康を害するやり方だと思う。皆さんが、自分の健康、趣味、生活スタイル、そして懐事情に合った最適のダイエット法をみつけられますように!

Cゾーンのシミの原因は子ども時代にあり

私は美容のケアをしっかり行っています!ビューティーオープナージェル

学生の時から日焼け止めを欠かさず塗っているし、保湿もしっかりしているし、日に当たったときは美白化粧品でアフターケアもしています。

しかし、最近になってCゾーンに薄いシミがでてきました。

とてもショックで、こんなにケアしているのになんでこんなことになったのか初めはわかりませんでした。

ケアなんてしても意味なかったのか、結局遺伝なのか沢山原因を考えました!

しかしよく言われているのは、18歳までに浴びる紫外線の量は一生に浴びる紫外線の半分と言われているそうです。

20代後半から出てくるシミの原因は18歳までに浴びた紫外線が原因とも言われています。

私が小学生や中学生の時までは日焼けを気にすることなく、紫外線を浴びていました。

おそらくその頃の紫外線が原因でシミが浮き出てきたのかと推測しています。

できてしまったシミを完全に消すことは、美容医療の力を借りなければ、自己ケアだではほぼ不可能です。

大事なことは、今あるシミを濃くしないように日焼け止めをしっかり塗ることや新たに日焼けしないようにしっかりケアをすることが大事だと思います!

そして、出来るだけ今あるシミ以外のシミを作らせないようにケアすることが大事だと思います!

しつこいニキビ跡の凸凹

中学生くらいからニキビに悩まされ、皮膚科通いもしていたほどです。ニキビは40代になった今でもポツポツと出来ます。若い頃は特に、おでこや頬に大きな赤いニキビが出来て、触るのも痛かったくらいです。

そのニキビの跡の凸凹が今でも大量に頬を中心にあり、私を悩ませています。特に深いニキビ跡はクレーターのようで、いくらファンデーションを塗っても隠すことができません。この凸凹のせいでファンデーションも綺麗に馴染まず、余計に肌を汚くみせているようです。

http://www.simonkirkfineart.com/

エステに通ったこともありました。ビタミンを導入したり、綺麗に汚れを除去してもらったりして、数年は通いましたが綺麗になることはありませんでした。ニキビ顔のせいで昔から赤ら顔で、顔全体が赤みを帯びているのも悩みの一つです。

顔色補正を行うクリームなども普段から使っていますが、またこのクリームも肌の凸凹のせいで全く肌に馴染まず、逆に浮いてしまうほどです。私の顔は、ファンデーションなどを塗れば塗るほど汚く見えてしまう肌のようです。ニキビの出来ない、陶器のような綺麗な肌の女性が本当に羨ましいです。中学生の頃にもっと自主的に肌を綺麗にするように心がけていれば、洗顔保湿をもっとしっかりしていれば、と後悔だらけです。

どうしてもヘヤワックスで決まらない髪

知人に誘われ、初めて美容院で髪をセットしてみた時の事です。ニューモはどの通販サイトが最安値?私の口コミや効果など

ワックスで髪を起こして整えたら、ファッションとしても楽しめるよ!と言われながら綺麗に整えてもらったのですが。

数時間も経たない内に、改めて鏡を見た時にセットされていた髪のボリュームは落ち、ぺたんと普段と同じくらいに髪の毛が寝てしまっていました。

その都度持ち上げて直すのですが、それも徐々に下がっていくのが段々と分かってきます。折角セットして貰ったのは何なのかと思えて来る程です。

原因は細くてサラサラな髪質。それまでは指通りがよい、としか思っていなくて気にした事は無かったのですが、ワックスが絡むと悩みの種に早変わり。

ワックスの種類にも調べてハードなものを試してみたのですが、それでもあまり時間が掛からずぺたっとしてしまいます。

しかも髪にワックスを付けた事で、触った時のベタつきに慣れないというのも気になってしまいます。

新たな楽しみを知る事ができたのは嬉しかったのですが、どうして他の人のようにいい感じに決まらないのだろうと頭を抱えてしまいます。

購入したワックスは、今は寝癖が酷い時に抑える時と軽く流したい時に少しだけ付けるだけに留まっています。

初めてセットして貰った時のワクワクは、1日経たず何処かに消えてしまいました。

髪の悩みは尽きない!

私の髪質は細い、多い、癖毛なのですが、毎日この髪と戦う日々です。
http://river-lab.org/

細いからか、遺伝なのかはわかりませんが、もともと髪の色が茶色く、学生時代は何度も先生に怒られたりクラスメイトにヤンキーなどと言われ続けてきました。大人になった今はこの色が羨ましいと言ってくれる人もいますが、私にとっては真っ黒な髪の方が憧れです。

一番大嫌いなのがくせです!うねりというよりは、まさに縮毛。湿気が多い夏は焼けちゃったの!?という位チリチリになります。朝は毎日ストレートアイロンで伸ばすので、時間がめちゃくちゃかかります。手入れが嫌になって、縮毛矯正をかけたことも何度もありますが、量が多いのに細い私の髪では見事にぺっちゃんこになり、なんだか寂しい印象に。結局アイロンでふんわり見えるようにセットする羽目になります。

ゆるふわパーマを夢みてパーマをかけても、クセと混ざりあって爆発したみたいになり、綺麗にスタイリングするのにとても苦労します。

気分を変えたくてカラーをするのにも悩みは尽きません。美容師さんには「何色でも綺麗に入りそうで羨ましいです〜」なんて言われますが、折角気に入ったカラーが速攻で落ち、おまけに酷く傷むのでカラーを繰り返すのはかなり難しいです。

こんな感じで、常に髪の悩みは尽きません。

男性のスキンケア事情について

男性の私が行っているスキンケアについてお伝えしていきます。

http://www.alameda-home-tour.org/

食事から全てのビタミンを摂取できるように心掛ける

補えないものは、サプリメントでカバーもいいかもしれません

毎日、湯船に浸かり汗をかく

顔パックや保湿はしっかり行う

夜更かしせず、しっかり睡眠を取ること

やったからと言って直ぐには効果は実感できません。

何事も継続が必要です!

例えば、

テスト前日に一夜漬けして覚えた内容と

1ヶ月コツコツと継続した勉強した内容では明らかに後者の方が良いです!

スキンケアも同じように、とにかく継続が必要になります!

私が使用しているスキンケアは、

化粧水はトラネキサム酸

ローションと保湿クリームはビーソフテンとヒルドイド使用してます

食事から摂取できなかったときは

シナールやハイチオール、ユベラ、ピリドキサールなど内服しています

他には美容注射もやってます!

タチオンやプラセンタなどもやってます

タチオンとは俗にいう「白玉点滴」ですね

プラセンタも有名もかなり有名ではないでしょうか?

あとはフェイシャルレーザーも受けてます

自由診療のためお金はかかりますが、

いつまでも若々しくいたい!という気持ちは誰にでもあるのではないでしょうか?

ある意味、お金で解決できたりカバーできることはいいかもしれませんね

ダイエットとして鍛えること

リバウンドしないダイエットというのは筋肉をつけることです。筋肉をつけることによって基礎代謝を高めていくということができるようになりますから、これはとてもメリットがあるといえるでしょう。そして筋肉をつけることによって体の引き締め感というのが十分に出てくるようになります。http://lagrancarreradelmediterraneo.com/

つまりは、ガリガリになるというわけではなく、要するにスタイルの良いというものを目指すことができるようになります。

リバウンドしないというのは要するにまた増えるようなことはない、ということになるわけですが、基礎代謝が高まるということは生きているだけでより多くのカロリーを消費する、ということになりますから、それがまずはメリットとしてあります。ですから鍛えるべきではあるのですが、どこがよいのか、ということがあるでしようが、まずは下半身です。

下半身を強くしますと全体的にそもそも動くということに関して苦ではなくなります。ですから、ダイエットにはスクワットをするというのは結構お勧めできます。後は走ることによって足を鍛えることができるでしょう。走る、歩くことはそのまま有酸素運動としてのカロリー消費も期待することができますから、それもよいでしょう。

試してみたいダイエット

私が試してみたいダイエット方はいろいろあります。まずは炭水化物抜きです。食事をお肉とかお野菜だけにして、とことん炭水化物の摂取を減らしてみたいです。でも体にとってあまりよくないのかな。と思ったりもします。自分の経験としては夜少なく食べる方法で少し減量に成功したことがあります。

シボルの効果

少量なので、体に負担もかからず、体調がとてもいいです。食事の量も大切ですがあとは運動も大事です。よく歩くと筋肉がついて体が締まってくるようなかんじがして、気分もいいです。あと私が考えているのは、やはり何を食べるかで、体型も全然違ってくると思います。

たんぱく質など体に必要なものは積極的にとって、砂糖など体にとってよくないのは控えていきたいです。あと、女性にとっていい食べ物や運動方法もあると私は信じています。大豆イソフラボンやコラーゲンなど女性にとっていい成分は積極的にとっていきたいです。結果的に、きれいにやせられると思うからです。

最後に運動する時間帯に気をつけていきたいです。体があまり目覚めていない早朝や夜遅くなどの運動は体にとって負担になるらしいです。食べ物の量と内容と、運動で、気長に楽しく毎日ダイエットを続けていきたいです。

髪がどんどんパサパサになってきた

40歳目前にして、髪がどんどんパサパサになってきました。髪のせいで少し老けて見えるような気もします。20代の時はカラーリング、パーマを定期的に当てていても髪はつやつやしていたので髪に自信をもっていました。白髪もほとんどなく、よく周りからもきれいだと言われていました。

高齢出産後、育児に追われ、日々体力、気力を子供に費やし、奪われ、時々ゆっくり鏡を見ると、びっくりするくらい髪はとっちらかっています。ほかのお母さんがきれいなので、いつも気後れしてしまいます。毎日のケアとして、シャンプーにコンディショナーと育毛剤はかかさずしています。

が、自分の時間があまり取れないので、丁寧にはできていません。髪の長さは私にとっては短めのミデイアムにして、パーマやカラーリングなどの髪を痛めることは一切していません。しかし抜け毛は多く、白髪がポロポロ見られ、髪はパサつき、残念なことになっています。一時期サプリメントを試しましたが、体に合わずにやめました。

若いときのような髪に戻るまではいかなくてもいいので、健康的な艶を戻したいと思っています。あとは抜け毛をもう少し減らしたいと思っています。美容室にかけられる費用も以前よりは節約しなくてはならないので、家でケアができるといいなと思います。

30代後半の髪のパサつきと分け目事情

私の髪の悩みと言えば、ズバリ髪のパサつきと分け目の問題です。

先ず髪のパサつきですが、何を試してみても改善されません。毛先をカットすれば一時的に納まりをみせるのですが、3日くらいで気になり始め、あっという間にパサつきが目立ちます。美容室や口コミサイト等で紹介しているオイルを使ってみても、使用直後は潤っているのに時間とともにパサつきます。

やっぱりカラーがいけないのでしょうかね?

パサつきで一番嫌なのがずぼらな人に見られることです。私の考えすぎかもしれませんが、お手入れをしていないイメージがあり印象も良くない気がします。

髪の毛の印象って大事ですよね!髪の毛の量が多くて艶々している人は本当に憧れます。昔から美人の条件に髪の毛が入る理由がわかります。

次に髪の分け目問題です。

私は数十年ずっとセンター分けだったのですが、ある時写真に写っている自分の髪の分け目の広がり具合に度肝を抜かれました。これって禿てない!と焦るレベルです。

それからは分け目を変えたり工夫をしてはいるのですが、一度広がった分け目を治す方法がわかりません。このままでは歳を取ったらウイッグ確定ですよ。

お風呂上りに頭皮をマッサージしたり、お薦めのオイルを塗布したりしているんですが効果はさっぱりです。良い改善方法があったら教えてほしいです!

髪がサラサラとしたい場合などに

少しでも髪を美しくしたいと考える女性が多いというのは間違いないことになります。ではどのようにそれを実現するべきであるのかと言いますとさすがにそれは難しい問題は多いです。しかし、髪には自分の回復力というものがしっかりとありますから、それを強めるということを意識しておくと意外と簡単に美しい髪というのを作ることができるようになったりします。

ちなみに細くサラサラとした髪の毛というのは実に美しく感じるかもしれませんが実際問として、それはあまり髪の良い状況というわけではないので間違えないようにしましょう。

太い髪の毛というのがあなんだかんだで一番頑丈であり、頑強で美しいことになります。それを目指すためにはやはり髪を清潔に整えておく、ということになります。清潔にしておくということは色々な意味において、物凄くメリットがあります。

頭皮を綺麗にするということによって髪が力強くなる、ということは間違いないわけです。髪の毛の栄養をしっかりと補充するためにサプリメントなどを摂取するということもよいでしょう。清潔にした上で栄養もばっちりであれば問題なく、髪の毛というのはしっかりとした潤いを維持できることになるでしょう。

日頃からできる髪のケア

抜け毛が気になる、髪に以前よりもコシがない、30代半ばになるとそうしたお悩みが増えてくると思います。髪をとかしたりお風呂で髪を洗うと自分でも驚くほど抜け毛があり、1日でこんなに抜けてしまってこれから先ハゲるんじゃないかと思ってしまいます。

歳を重ねるほど後頭部の薄い人は増えますから、何か対策をしないと自分もそうなってしまうと危機感を感じます。おじいさんおばあさんになってからなら、仕方ないと思えますが若いうちから後退してしまうとなんとかしなければと焦りを感じます。

そこで、食べ物から気をつけようと髪に良いといわれるひじきや昆布を積極的にとったり、髪が痛まないように気をつけるようになりました。海藻類は外食やファーストフードではなかなか食べられない物なので意識してとるようになり、髪のケアにも気を配り始めました。ケアとしては、お風呂上がりに髪を乾かさずに寝ると摩擦で髪が痛むので良く乾かしてから寝ることが大切です。

また、洗いっぱなしではなくトリートメントをつけて髪を保護すること、ドライヤーの前には洗い流さないトリートメントやオイルをつけてドライヤーの熱から髪を守るといった心がけも大切です。小さなことですが、やるやらないでは大きな違いが出てきますので、健やかな髪を保ち抜け毛を防ぐためにしっかり対策していきたいものです。