少しずつ変化している髪の毛

子供のころは割と直毛で、さらさらしていたが少しずつ癖毛になり気になるようになった。

中学生になり縮毛矯正をし、まっすぐにして、縮毛矯正が取れ始めるとヘアアイロンでまっすぐにして、

そんな毎日を送っていると高校生のころには髪の毛がぱさぱさ。

中学生のころは運動部ということもあり、ショートにしていたが、高校生になりロングに憧れ

できるところまで伸ばしていった。

胸下くらいまで伸びたころ、毛先はぱさぱさ、ちりちりしている感じで

でもロングでいたいから美容室行っても毛先だけ整えるといった感じ。

髪質は変わらず、硬くて若干太目な髪、毛先に向かって水分がない。

http://bastien-japan.main.jp/

どうしたら髪質って変わるんだろう…と考えていた。

学生の頃はお金がなくて、安く髪を染められてカットしてもらえて、というところを

探していたが、就職して多少美容にもお金が回せるようになり

見つけた美容室に行ったとき、美容師さんに安い美容室では髪を染めるときに必要な薬品?を入れていないから

安く髪を染められる。という感じのことを聞いた。

安いところには安いなりに理由があるということを知る。

髪を染めるときに、裏に行って髪を染める薬を作ってきてくれるが、何が入っているか

わからないでしょ?と聞かれたときに、確かに。と。

私が話を聞いた美容室では、目の前で薬を混ぜてくれ、その薬の役割を聞けば詳しく教えてくれるので

安心して通っている。

その美容師の方に出会ってから、髪をばっさり切ったのもあるが髪質がだいぶ変わった。

さらさらとまではいかないかもしれないが、ぱさぱさ感は少なくなり

ちりちりな髪や癖毛も収まっている。(癖毛はカットの仕方次第で変えられるとのこと)

若いころよりも髪を染める薬品などもよくなっていると思うが

年を重ねてきて少しずつ髪質を改善で着ているので、美容室選びも大切だと感じている。