美容師テクニックを手に入れるコツ

コロナ渦により、美容院でカット他のサービスを受けるという当たり前の習慣にハードルが出ています。美容院への足が遠ざかっているという方も多いでしょう。自分でヘアカットができるという方は少なめ。せめてブローくらいはセルフできるようになっておきたいものです。そこで、自宅でできるヘアブローのコツをまとめました。

くせ毛への効果は?トリコレの温感ヘッドスパトリートメントを購入した私の口コミ&評価!

自分の髪の生え癖に合わせたブロー方法を

ブローというと、美容院がお手本。ドライアーを横から当てるのか、それとも縦から当てるのか、それだけでもヘアスタイルの仕上がり具合が異なります。

直毛の方はほとんどおらず、生え方次第で縦から横からドライアーを当てていきます。

ブロー専用美容室を利用してみる

ブロー専用美容師というサービスがあります。自宅でシャンプーを済ませて乾かしてから、ヘアスタイルを整えるという美容院です。こうしたサービスを専門としている美容院では、短時間で利用できるメリットもあり、美しい仕上げを求める利用者のニーズを満たしてくれるのです。

自分でカットできるよう訓練する

シャギーやカットくらいであれば、誰でもセルフカットができるようになるはず。女性雑誌に掲載されているカット技術を真似ていくだけでも、学習できるはず。はじめは難しくても、徐々に上達するはず。

最終的にはヘアゴムでアレンジしてしまう、帽子を利用する、という風な術もあります。