“マスク”が引き起こす肌トラブル… 手軽な方法で対策を!

外出時には必須となったマスク。口元が隠れているとは言っても、人の目に触れる部分のお肌や目元のメイクは、相変わらず手が抜けません。

メイクをした肌に、マスクによって引き起こされるトラブルには悩まされます。特に、お肌とマスクが触れ合う部分はニキビができやすい、そういった経験がある方は多いのではないでしょうか。

今回は、その悩みに対する手軽な方法をご紹介します!

◯帰宅したらまずやるべきこと

手洗いうがいはマスト。コロナウイルス感染症対策としては勿論のこと、お肌を触るときは清潔な手であることが重要です。

綺麗に手を洗ったら、帰宅早々〈メイク落とし〉を済ませましょう!できるだけお肌にメイクをしている状態が短くなるよう、ここで落としてしまいます。

ここでおすすめしたいのが、〈メイク落とし〉の後は間を空けずに〈スキンケア〉をする必要があるので、〈メイク落とし〉のついでにお風呂も済ませてしまうという点です。これから外出の際に、汗ばむ時期にもなります。帰宅後のリラックスタイムを心地よく過ごすために、心も体もさっぱりさせましょう。また、入浴時には蒸気で毛穴が開きやすくなっているので、〈メイク落とし〉には最適の状態とも言えます。順番としては、お風呂から出る直前に行うと〈スキンケア〉までの空白を短くすることができるのでおすすめです。

リンクルシャインの効果を3ヶ月間検証!効くのか効かないのか私の口コミをこっそり暴露!

◯スキンケアは念入りに

「念入りに」としましたが、何も多くの化粧品を使うべきだと言っているわけではありません!〈化粧水〉と〈乳液〉だけでも構わないので、保湿を怠らないことが重要です。

メイクを落としたお肌に、手のひらで優しく〈化粧水〉を染み込ませます。まんべんなく浸透したら、その後に〈乳液〉を塗ります。ニキビの大敵は乾燥なので、〈化粧水〉だけで済ませようとせず、お肌へ染み込んだ〈化粧水〉に〈乳液〉で蓋をしましょう。夏場など朝起きたときに、あまりにも肌のベタつき・テカリが気になる場合もあると思います。〈乳液〉に関しては、大量に塗る必要はないので、化粧品に書かれている適量を薄く伸ばしながら保湿してあげます。

◯メイクをするときのポイント

メイクにはファンデーションが欠かせない、という方がほとんどだと思います。しかし、厚塗りのファンデーションは毛穴を埋める上に、夏場のベタつき・テカリにも繋がります。お肌に負荷をかけた状態が長引いてしまうと、マスクとの摩擦も相まって、トラブルを引き起こす原因になります。

そこで、ファンデーションを使わず、〈化粧下地〉だけでお肌を整えるという方法をおすすめします!よくベースメイクが肝心と言われているので、ファンデーションを抜くことに抵抗を感じる方もいらっしゃると思います。ところが、日差しがだんだんと強くなる季節、最初に日焼け止めを塗った後、化粧下地、ファンデーションと重ねていくとお肌に負担がかかってしまいます。最近では「皮脂テカリ防止」や「UVカット」などの記載がある化粧下地もあります。お肌のトーンアップに加えて、このような点に着目しながら〈化粧下地〉を選び、負担をなるべく減らしてあげましょう。

以上、多くの方が抱えているであろう、お肌の悩みに対する方法をご紹介しました。

いかがでしょうか、どれもすぐに実践できるお手軽なものをまとめました。

夏場のマスクは大変ですが、綺麗なお肌を保つことで気分を上げていきましょう!

最後までお読み頂きありがとうございました。