ダメージヘアを作らないドライアーのあて方

女性は特にドライアーを使用する頻度が多く、髪の量や長さもあって、髪の毛にダメージを作りやすいものです。ドライアーの当て方にも適切な方法と不適切な方法がありますので、どうすれば髪の毛に負担が少なくなるのか、とい意味で適切な方法をご紹介しましょう。

エメリルオイルの効果を検証!

ドライアーと髪の毛の感覚には注意する

ドライアーを髪に近い距離感で当てている方もいますが、髪の毛とドライアーとの距離感は適度にあけておくことが望ましいのです。距離が空くと、熱が伝わりにくく感じますが、大丈夫。極端に距離感がある方がダメージを起こしやすいのです。最近のドライアーには様々な機能性がついていますので、付加価値のあるドライアーを選ぶようにすることも髪の毛を傷めないコツとしてはおすすめすることができます。

濡れた髪の毛の水分はよく拭き取ってからドライアーを当てましょう

当たり前すぎる注意事項ですが、髪の先から水滴がポタポタと滴り落ちているというのに、そのままドライアーを使用する方がいます。それは髪の毛が乾くまで時間を要していきますし、時間や電気代も大きくなってしまいます。いち早く乾かすためにも、一度吸水性の高いタオルで髪の毛の水分を拭き取りしたのちにドライアーをかけるようにしましょう。

翌朝の髪の仕上がり状態に差が出る程、肝心要のポイントとなりますので、ぜひおすすめします。