年齢と共に変わる肌の悩み。

現在30代半ばも差し掛かって、お肌トラブルは若い頃とは大きく変わっている現状…。若い頃はとにかく脂やニキビに悩まされて、清潔感を重点的に気にしていました。つまり、手入れといえば洗顔と薬用ローション。そして、年齢も重ねて子供も産んで、生活にもほぼ強制的な乱れが生じると、今度は乾燥に悩まされるはめに…!

http://www.klingfortexas.org/

若い頃のお手入れをそのまま続けていてもお肌の状態はよくないので、アドバイザーさんのフォローにすがって乾燥肌対策に乗り出しました。乾燥肌ってカサカサしたイメージがあったものの、時間がたつとベタベタしている気がしてくるんですよね。

もちろん脂もあることにはあるのですが、それは若い頃に悩まされた脂とは違って、老廃物が表に出ている脂。ただでさえ生活も不規則になりがちで、食生活も自慢できるものでもありません。そう言った体内の乱れから老廃物が溜まるらしくて、皮膚の外に押し出されていると…。聞いただけでも「体の中も外も汚いんだな」と心が折れる話です。

だからこそ清潔感は今も変わらずにキープ、そのため、洗顔は午前中に一回、午後に一回、朝夕はもちろんのこと。そして、洗顔の後に保湿液を馴染ませて、就寝前には保湿クリームを染み込ませます。この行程を経てやっとサラサラ素肌。時間がある時にはナイトパックもしたりしますが、これは本当に習慣化させるには無理がありますね。生活に子供が入ると言うだけで、驚くほど自分の生活は変わります。

自分の時間すら確保するのが大変なので、お肌のケアは空いた時間のちょっとしたケアで頑張って行くしかないようです。

ただでさえマスクが必須な今の時代にはお肌は前よりも敏感に。そして、ここ最近気になり始めたほうれい線や、目の下のたるみはこれから対処していかないと…とまた頭を抱えることに。お肌トラブルはネットで基礎知識を得たあとは、アドバイザーさんに聞いてもらう方が手っ取り早い気もします。もちろんそこでケアアイテムの売り込みもあるのですが、高額商品が主なので必ずしも買わなければいけないわけではありません。アドバイザーさんに教えてもらうのは、「今自分の肌に足りない物」です。これさえ聞いておけば、自分でネットで合うものを探すこともできるでしょう。

そして、これは自分なりにオススメしたいポイントとして、マッサージを推奨します。お肌というよりは、骨の上、しわ伸ばしを意識して、目の周りは指先で軽く押すようにしてあげると、なんとなくお肌も元気な気がしてきます。小顔効果の二重効果も期待できます!お肌は死ぬまで付き合っていくもの。

「このケアがベスト!」と思っても、環境や自分のメンタル・身体が変われば敏感に反応して反映されていきます。自分が最近調子よくないなと思った時にはお肌もきっと元気が出ていません。そんなときに自分に合った、ちょっとしたケアを日常に取り入れていくと、トラブル回避にも繋がっていくのかもしれません。