周りに染まらない私の頑固な黒髪

大学生になったら挑戦したいこと。トリコレの温感ヘッドスパトリートメントをお試しした私の口コミ!

それは髪を染めることではないだろうか。

一部の自由な校風の高校では髪を染めるのも自由であっただろう。しかし多くの高校では髪染めは校則違反である。

私の通っていた高校ももちろん髪染めは許されておらず、面白みのない真っ黒な髪色で3年間を過ごした。

そして私は晴れて大学生になった。

制服からの解放。だだっ広いキャンパス。サークルの勧誘をしてくる先輩たちはとても輝いて見え、何より鮮やかに輝く髪色から目が離せなかった。

大学生活も落ち着いてきた頃、いよいよ髪を染める決意を固めた私は小洒落た美容院を予約した。

髪染めが得意な美容師が多いと口コミで話題の店だった。大学生になりたてほやほやの私は場違い感を覚えつつ店内で足を踏み入れた。

シャンプーの香りが漂う店内にはお洒落な洋楽が流れ様々な髪型や髪色をした人間が大勢いた。真っ黒の髪が逆に浮いて見えるほどだ。

指定された席に座り担当者にカラーのお願いをする。希望の色を問われた私はとりあえず先輩からおすすめされたミルクベージュと答えた。

高校生時代から夢を見ていた髪染めがいよいよ叶う。どんな仕上がりになるのだろうか。わくわくしながら担当者に身を委ねた。

数時間経ち担当者の「お疲れ様でした」という声が聞こえた。仕上がりを確認しよう。夢が叶う瞬間である。恐る恐る目を開けた。新しい私が生まれる!

しかし目の前にいるその子の髪は、今まで散々見てきた黒と変わりない色だった。店内に来たときと全く変化がない。

どういうことか担当者に確認してみる。どうやら私の髪は一本一本の毛が太く、しかも黒の色素が他の人より多く入っているらしい。

そのため、一回の髪染めではほとんど色が入らず見た目の変化もないに等しいようだった。

今日で新しい私に生まれ変わる!と思い込んでいた私にとって、今までと全く変化のない黒髪を見て私は落ち込んだ。

それ以降、何度か髪染めに挑戦したものの私の黒髪が他の色に変わることはなかった。

悲しさもあったものの最近はこの黒い髪も好きになってきた。

頑固な黒い髪も私らしいなと思いながら今日も私は他の色に染まらない髪を纏って生きている。

脱シャンプー。脱コンディショナー。

シャンプー、リンス、コンディショナー等、施さず洗髪すると薄毛になる。よく昔から定説といっても良いくらいこの意見を耳にします。しかし私個人としてはこの意見に対し否定的な考えを持っています。

実際私自身の体験談ですが、家系が父が薄毛、兄も20代後半の頃には既に薄毛進行という、正に薄毛家系を絵にかいたような、典型的な薄毛要素満載の遺伝子を受け継いでいる(あくまで私個人の主観)にもかかわらず、今現在40前オトコの私が未だ薄毛になっていないという事実から考えられるということです。

クロハシャンプーを辛口評価!購入して使ってみた私の口コミ体験談!

そんなことを言ってる私ですが、私自身、20代半ばくらいから、薄毛進行の兆候が若干見られた時期があり、そうとう動揺し、焦り、どうにかせねばと思い、育毛剤、育毛サプリ、高級シャンプー等対策を練り、試したのです。しかし、どれも効果がみられず。そんなある日、雑誌を読んでいる最中、ふと目に入った言葉「シャンプーはしなければしない程よい」このフレーズが心に残り、試したのです。直後、すぐには結果がでられなかったのです。

しかし、数か月後髪のボリュームがアップした感覚ができ、数年後には薄毛の兆候がなくなり、未だにフサフサの状態をキープ、維持しています。一度薄毛に悩んでいられる方にとっては試す価値は十分にあります。因みにこれは、あくまで私個人の見解です。

少しずつ変化している髪の毛

子供のころは割と直毛で、さらさらしていたが少しずつ癖毛になり気になるようになった。

中学生になり縮毛矯正をし、まっすぐにして、縮毛矯正が取れ始めるとヘアアイロンでまっすぐにして、

そんな毎日を送っていると高校生のころには髪の毛がぱさぱさ。

中学生のころは運動部ということもあり、ショートにしていたが、高校生になりロングに憧れ

できるところまで伸ばしていった。

胸下くらいまで伸びたころ、毛先はぱさぱさ、ちりちりしている感じで

でもロングでいたいから美容室行っても毛先だけ整えるといった感じ。

髪質は変わらず、硬くて若干太目な髪、毛先に向かって水分がない。

http://bastien-japan.main.jp/

どうしたら髪質って変わるんだろう…と考えていた。

学生の頃はお金がなくて、安く髪を染められてカットしてもらえて、というところを

探していたが、就職して多少美容にもお金が回せるようになり

見つけた美容室に行ったとき、美容師さんに安い美容室では髪を染めるときに必要な薬品?を入れていないから

安く髪を染められる。という感じのことを聞いた。

安いところには安いなりに理由があるということを知る。

髪を染めるときに、裏に行って髪を染める薬を作ってきてくれるが、何が入っているか

わからないでしょ?と聞かれたときに、確かに。と。

私が話を聞いた美容室では、目の前で薬を混ぜてくれ、その薬の役割を聞けば詳しく教えてくれるので

安心して通っている。

その美容師の方に出会ってから、髪をばっさり切ったのもあるが髪質がだいぶ変わった。

さらさらとまではいかないかもしれないが、ぱさぱさ感は少なくなり

ちりちりな髪や癖毛も収まっている。(癖毛はカットの仕方次第で変えられるとのこと)

若いころよりも髪を染める薬品などもよくなっていると思うが

年を重ねてきて少しずつ髪質を改善で着ているので、美容室選びも大切だと感じている。

美容師テクニックを手に入れるコツ

コロナ渦により、美容院でカット他のサービスを受けるという当たり前の習慣にハードルが出ています。美容院への足が遠ざかっているという方も多いでしょう。自分でヘアカットができるという方は少なめ。せめてブローくらいはセルフできるようになっておきたいものです。そこで、自宅でできるヘアブローのコツをまとめました。

くせ毛への効果は?トリコレの温感ヘッドスパトリートメントを購入した私の口コミ&評価!

自分の髪の生え癖に合わせたブロー方法を

ブローというと、美容院がお手本。ドライアーを横から当てるのか、それとも縦から当てるのか、それだけでもヘアスタイルの仕上がり具合が異なります。

直毛の方はほとんどおらず、生え方次第で縦から横からドライアーを当てていきます。

ブロー専用美容室を利用してみる

ブロー専用美容師というサービスがあります。自宅でシャンプーを済ませて乾かしてから、ヘアスタイルを整えるという美容院です。こうしたサービスを専門としている美容院では、短時間で利用できるメリットもあり、美しい仕上げを求める利用者のニーズを満たしてくれるのです。

自分でカットできるよう訓練する

シャギーやカットくらいであれば、誰でもセルフカットができるようになるはず。女性雑誌に掲載されているカット技術を真似ていくだけでも、学習できるはず。はじめは難しくても、徐々に上達するはず。

最終的にはヘアゴムでアレンジしてしまう、帽子を利用する、という風な術もあります。

髪が細くて少ないからこその悩み

私は20代女子です。

最近の髪の悩みは、

・雨の日にまとまりづらい

・癖がとれない

・しっとりしやすい

ことです。

まず「雨の日にまとまりづらい」ので本当に梅雨の時期は憂鬱です。

湿気が多い日は、アホ毛の量が特に多く、ワックスやトリートメントでも抑えきれないのがとっても困ります。

もう帽子をかぶらないと外歩けません泣

最近は少し値段の高いシャンプーやトリートメントを使うことでやや落ち着いた気もしますが、まだまだしぶとい…

何かよい方法はないかと今も模索中です。

エメリルオイル

「しっとりしやすい」のは、私の髪質が原因していると考えています。

私は髪が細く少ないため、少しでも汗をかくとすぐにしっとりとしてしまい、

かなり恥ずかしい経験をしてきました。

しっとりがばれないようにと思い、前髪を厚くしてみたりしましたが効果は微妙…

パサパサ髪で悩む方も多いと思いますがしっとりしすぎるのもまた難題です。

今年の夏に向けて、しっとりしすぎることへの対策法をぜひ考えてみようと思います。

「癖がとれない」というのも、私は寝癖が付きやすく朝起きたとの髪はあっちこっちにはねてしまいます。

その寝癖がまたしぶといんです!!

寝癖直しスプレーでは全く直らずコテで毎日一生懸命直してます。

髪の長さはボブ程度なのでインスタ等で寝癖のつかない乾かし方等を検索して努力してみています。

この悩みが解決すれば朝の時間を優雅に過ごせる…とそんな日々にあこがれる毎日です。

主な髪の悩みを上げてみましたが対策できる日は来るのか…

そしていつかはさらさらするんな「美髪」を目指したいです。

ダメージヘアを作らないドライアーのあて方

女性は特にドライアーを使用する頻度が多く、髪の量や長さもあって、髪の毛にダメージを作りやすいものです。ドライアーの当て方にも適切な方法と不適切な方法がありますので、どうすれば髪の毛に負担が少なくなるのか、とい意味で適切な方法をご紹介しましょう。

エメリルオイルの効果を検証!

ドライアーと髪の毛の感覚には注意する

ドライアーを髪に近い距離感で当てている方もいますが、髪の毛とドライアーとの距離感は適度にあけておくことが望ましいのです。距離が空くと、熱が伝わりにくく感じますが、大丈夫。極端に距離感がある方がダメージを起こしやすいのです。最近のドライアーには様々な機能性がついていますので、付加価値のあるドライアーを選ぶようにすることも髪の毛を傷めないコツとしてはおすすめすることができます。

濡れた髪の毛の水分はよく拭き取ってからドライアーを当てましょう

当たり前すぎる注意事項ですが、髪の先から水滴がポタポタと滴り落ちているというのに、そのままドライアーを使用する方がいます。それは髪の毛が乾くまで時間を要していきますし、時間や電気代も大きくなってしまいます。いち早く乾かすためにも、一度吸水性の高いタオルで髪の毛の水分を拭き取りしたのちにドライアーをかけるようにしましょう。

翌朝の髪の仕上がり状態に差が出る程、肝心要のポイントとなりますので、ぜひおすすめします。

私の髪の毛は、いつも毛先が整わなくて嫌です。

私はいつも、髪の毛が毛先が整わなくてつらいです。特に最近は乾燥をしているのでそれがものすごくて、ものすごく嫌な気持ちをして毎日過ごしています。なんとなく気持ちが落ち着きませんし、気持ち的に余裕がないのでますます老けて見えるような気がしています。私は結構人に言われたことを気にしたり、人よりもきづつきやすいなと思うことが多いです。

http://honportal.org/

それもあってかものすごく体調が悪いときは、やっぱり髪の毛がしっかりとできていなくてものすごく辛いです。このまま私はどうなってしまうのかということも感じますが、やっぱりまずは自分の体調を整えていかなければもともとの原因は治らないかなと思っています。そして、私はなんとなく何をすればいいかというのが分かるような気がするので、そういったことを少しずつ少しずつ解決していけたらいいなと思っています。

まだ気持ちの余裕もありませんし、毛先がすごく傷んでいるのも仕方がないかなとは感じています。それでも前を向いて何とか頑張っているので少しずつ少しずつやっていけたらいいのになということは感じています。私は、これから先もなんとなく過ごすのではなくて、毎日生きがいを持って過ごせればきっといいことが起こってくるかなと思っています。

髪の悩みと解決した方法

 私は、髪を伸ばすようになってから二つの事にたびたび悩まされてきました。まず一つめは、髪の毛が絡まる事です。毎日丹念にブラッシングをしていても、髪を結わえる時に髪が絡まり、結局身支度に時間がかかってしまっていました。そのうえ、絡まった髪の毛を無理やり解こうとして髪の毛が抜けてしまう事もありました。

http://www.gazette-tourisme.com/

そして、二つめは髪の毛がまとまりにくい事です。私は髪の量も多いため、髪を結った時に大きく広がってしまう事もありました。髪がぼさぼさのため、職場で「だらしないよ」と注意を受けてしまう事にも繋がってしまいました。

 そこで、私はトリートメントを使うようになりました。二十歳を過ぎて初めてトリートメントを買う事にしたため、種類が豊富なこともあり、始めはどのメーカーの物を使うか迷いました。しかし、店員さんに勧められた物を試しに使ってみた結果、今まで一人で悩んでいた事が嘘のように解決したのです。髪の毛が絡まる事もなくなった上に、髪を結った時に髪が綺麗にまとまるようになったため、会社で身だしなみについて注意される事も無くなりました。トリートメントを実際に使うまではどこか半信半疑だったのですが、思いきって買ってみて良かったとさえ感じています。

髪の悩みは一生つきまとう

髪の悩みは女性にとって一生つきまとう難題ではないかと感じています。

http://www.revolutiondining.com/

私自身、何を隠そう髪のうねりをなんとか封じ込めさらさらヘアを目指しストレートパーマや縮毛矯正を行うことこの道30年の40代女性です。私自身の経験では、初めてストレートパーマをあてたのは15歳くらいでした。

当時はストレートパーマの薬を髪に付けた後、何枚もの板に髪の毛を分けて貼り付ける今では考えられない手法で行われていました。薬もきつかったのかトリートメントの質が悪かったのか髪の毛は枝毛だらけでした。今の技術ではストレートパーマをあててさらさらヘアが手に入ったり、あまり髪を傷めずパーマをあてれるのでその後の手入れが楽になるというメリットもあります。

ただ技術が進化した今でも問題なのはコストがかかることです。

癖の程度は人によって変わるので頻度もまちまちなのはもちろんですが、私の周りの友人などでも平均4か月から半年に一度はストレートパーマをあてに行く人が多いです。

サロンのレベルにもよりますが、中々の出費になります。

出費以外の問題はというと、ストレートを継続しているとその他のメニューが追加しにくいことです。

綺麗なカラーリングをしている人を見ると、私もあんな色にイメージチェンジしてみたいなあと思うことがありますが、ストレートパーマにカラーを施すと料金の加算はもちろん、施術k時間が長時間に及び、髪が痛むという欠点もでてきます。

それが理由で他のメニューを諦めている人もたくさんいることでしょう。

最近では髪のうねりだけでなく、白髪問題がでてきました。

髪の悩みは一生つきまとう!!を実感しています。

髪の悩みは尽きない!

私の髪質は細い、多い、癖毛なのですが、毎日この髪と戦う日々です。
http://river-lab.org/

細いからか、遺伝なのかはわかりませんが、もともと髪の色が茶色く、学生時代は何度も先生に怒られたりクラスメイトにヤンキーなどと言われ続けてきました。大人になった今はこの色が羨ましいと言ってくれる人もいますが、私にとっては真っ黒な髪の方が憧れです。

一番大嫌いなのがくせです!うねりというよりは、まさに縮毛。湿気が多い夏は焼けちゃったの!?という位チリチリになります。朝は毎日ストレートアイロンで伸ばすので、時間がめちゃくちゃかかります。手入れが嫌になって、縮毛矯正をかけたことも何度もありますが、量が多いのに細い私の髪では見事にぺっちゃんこになり、なんだか寂しい印象に。結局アイロンでふんわり見えるようにセットする羽目になります。

ゆるふわパーマを夢みてパーマをかけても、クセと混ざりあって爆発したみたいになり、綺麗にスタイリングするのにとても苦労します。

気分を変えたくてカラーをするのにも悩みは尽きません。美容師さんには「何色でも綺麗に入りそうで羨ましいです〜」なんて言われますが、折角気に入ったカラーが速攻で落ち、おまけに酷く傷むのでカラーを繰り返すのはかなり難しいです。

こんな感じで、常に髪の悩みは尽きません。

髪がどんどんパサパサになってきた

40歳目前にして、髪がどんどんパサパサになってきました。髪のせいで少し老けて見えるような気もします。20代の時はカラーリング、パーマを定期的に当てていても髪はつやつやしていたので髪に自信をもっていました。白髪もほとんどなく、よく周りからもきれいだと言われていました。

高齢出産後、育児に追われ、日々体力、気力を子供に費やし、奪われ、時々ゆっくり鏡を見ると、びっくりするくらい髪はとっちらかっています。ほかのお母さんがきれいなので、いつも気後れしてしまいます。毎日のケアとして、シャンプーにコンディショナーと育毛剤はかかさずしています。

が、自分の時間があまり取れないので、丁寧にはできていません。髪の長さは私にとっては短めのミデイアムにして、パーマやカラーリングなどの髪を痛めることは一切していません。しかし抜け毛は多く、白髪がポロポロ見られ、髪はパサつき、残念なことになっています。一時期サプリメントを試しましたが、体に合わずにやめました。

若いときのような髪に戻るまではいかなくてもいいので、健康的な艶を戻したいと思っています。あとは抜け毛をもう少し減らしたいと思っています。美容室にかけられる費用も以前よりは節約しなくてはならないので、家でケアができるといいなと思います。

30代後半の髪のパサつきと分け目事情

私の髪の悩みと言えば、ズバリ髪のパサつきと分け目の問題です。

先ず髪のパサつきですが、何を試してみても改善されません。毛先をカットすれば一時的に納まりをみせるのですが、3日くらいで気になり始め、あっという間にパサつきが目立ちます。美容室や口コミサイト等で紹介しているオイルを使ってみても、使用直後は潤っているのに時間とともにパサつきます。

やっぱりカラーがいけないのでしょうかね?

パサつきで一番嫌なのがずぼらな人に見られることです。私の考えすぎかもしれませんが、お手入れをしていないイメージがあり印象も良くない気がします。

髪の毛の印象って大事ですよね!髪の毛の量が多くて艶々している人は本当に憧れます。昔から美人の条件に髪の毛が入る理由がわかります。

次に髪の分け目問題です。

私は数十年ずっとセンター分けだったのですが、ある時写真に写っている自分の髪の分け目の広がり具合に度肝を抜かれました。これって禿てない!と焦るレベルです。

それからは分け目を変えたり工夫をしてはいるのですが、一度広がった分け目を治す方法がわかりません。このままでは歳を取ったらウイッグ確定ですよ。

お風呂上りに頭皮をマッサージしたり、お薦めのオイルを塗布したりしているんですが効果はさっぱりです。良い改善方法があったら教えてほしいです!

髪がサラサラとしたい場合などに

少しでも髪を美しくしたいと考える女性が多いというのは間違いないことになります。ではどのようにそれを実現するべきであるのかと言いますとさすがにそれは難しい問題は多いです。しかし、髪には自分の回復力というものがしっかりとありますから、それを強めるということを意識しておくと意外と簡単に美しい髪というのを作ることができるようになったりします。

ちなみに細くサラサラとした髪の毛というのは実に美しく感じるかもしれませんが実際問として、それはあまり髪の良い状況というわけではないので間違えないようにしましょう。

太い髪の毛というのがあなんだかんだで一番頑丈であり、頑強で美しいことになります。それを目指すためにはやはり髪を清潔に整えておく、ということになります。清潔にしておくということは色々な意味において、物凄くメリットがあります。

頭皮を綺麗にするということによって髪が力強くなる、ということは間違いないわけです。髪の毛の栄養をしっかりと補充するためにサプリメントなどを摂取するということもよいでしょう。清潔にした上で栄養もばっちりであれば問題なく、髪の毛というのはしっかりとした潤いを維持できることになるでしょう。

日頃からできる髪のケア

抜け毛が気になる、髪に以前よりもコシがない、30代半ばになるとそうしたお悩みが増えてくると思います。髪をとかしたりお風呂で髪を洗うと自分でも驚くほど抜け毛があり、1日でこんなに抜けてしまってこれから先ハゲるんじゃないかと思ってしまいます。

歳を重ねるほど後頭部の薄い人は増えますから、何か対策をしないと自分もそうなってしまうと危機感を感じます。おじいさんおばあさんになってからなら、仕方ないと思えますが若いうちから後退してしまうとなんとかしなければと焦りを感じます。

そこで、食べ物から気をつけようと髪に良いといわれるひじきや昆布を積極的にとったり、髪が痛まないように気をつけるようになりました。海藻類は外食やファーストフードではなかなか食べられない物なので意識してとるようになり、髪のケアにも気を配り始めました。ケアとしては、お風呂上がりに髪を乾かさずに寝ると摩擦で髪が痛むので良く乾かしてから寝ることが大切です。

また、洗いっぱなしではなくトリートメントをつけて髪を保護すること、ドライヤーの前には洗い流さないトリートメントやオイルをつけてドライヤーの熱から髪を守るといった心がけも大切です。小さなことですが、やるやらないでは大きな違いが出てきますので、健やかな髪を保ち抜け毛を防ぐためにしっかり対策していきたいものです。